桜日記

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagEnglish flagFrench flagSpanish flag

MMIX LAB

第16回桜3.11_学校プロジェクト

2017年3月1日

2017年3月10日(金)
松川浦環境公園(〒976-0022福島県相馬市尾浜字札の沢192)
9:30〜バルーンワークショップを実施
10:00~11:00 植樹セレモニー(一般公開)
12:15~13:15 開発好明・門脇篤・ヤギのす によるアートワークショップ
18:30頃 鎮魂と希望の桜花火打ち上げ(一般公開)
18:00〜 手持ち花火で遊ぼう(お子さん対象)
天候により中止になる場合があります。

学校法人原釜学園 原釜幼稚園(〒976-0021福島県相馬市原釜字金草7−8)<原釜幼稚園>
昭和29年初代園長 高橋甚四郎が、戦後の混乱期を経て復興をとげつつある地域に、これからの時代は「幼児教育こそ人づくりの原点である」という認識のもとに地域の幼児達のために相馬市原釜字大津地区にあった自宅を開放して開園。昭和56年園舎新築落成に伴い、現在地(原釜字金草)に移転。創立63年を経て、卒園者は2378名を数える。祖父母からの3世代に渡って卒園生である地域の家庭も増え続けている。全園児70名の小さな幼稚園だが、園児一人一人が主役になれる、家族的雰囲気の園である。

<原釜幼稚園の3.11における被災状況について>
当時の在

園児に被害はなかったが、その兄弟姉妹や祖父母、また卒園生も含めると多くの犠牲者が出た。震災時64名在籍していた園児のうち、約半数の27名の家庭が家屋を流失、地域柄、漁業関係の仕事に関わる保護者も多く、かろうじて園舎の津波被害は逃れたものの、経営のめども立たない状況ではあったが、「子どもたちの居場所を確保してあげよう」と公立小学校よりも早く、震災から1ヶ月後の4月11日から再開。半数以上が避難所(仮設住宅)や親戚の家などからの通園で、お弁当を持参させることもできない状況であったが、園児の母親らに交代で来てもらい、支援物資を使って給食を作ってのりこえた。原発事故による避難や住宅の再建に伴う移動で、創立以来最少数である43名まで一時園児は減少したが、少しずつ園児は増えている。

<松川浦環境公園>
豊かな松川浦の自然がたくさん残る場所に、自然に親しみ大切にする心を養うために平成22年4月に設置された公園です。樹齢45年のヒマラヤ杉と美しい植栽が見事な公園でしたが、開園1年後に東日本大震災の津波により甚大な被害を受けました。園のシンボルだったヒマラヤ杉も塩害により枯れてしまいましたが、今はチェーンソーアートの作品として新たな公園のシンボルとして復活しました。平成24年7月にリカバリーオープンし、現在はNPO松川浦ふれあいサポートが管理運営し環境教室や干潟観察会等のイベントも行われています。
*この事業は、JKAの助成を受けて実施しています。

原釜幼稚園02_ページ_1 原釜幼稚園02_ページ_2

桜3.11_学校プロジェクト15回目を、9月30日青森県八戸市立多賀小学校で行います。

2016年8月16日

日時:2016年9月30日(金)
青森県八戸市立多賀小学校 住所:〒031-2241青森県八戸市大字市川町字古館30-1

9:30~11:30 (体育館) パルコキノシタと全校児童によるアートワークショップ 「おもしろキャラであそぼう!」 ・同時にバルーンワークショップを実施
11:40~12:10(校庭) 植樹セレモニー(一般公開)
18:30頃   (校庭) 鎮魂と希望の桜花火打ち上げ(一般公開)

主催:桜3.11プロジェクト実行委員会、一般社団法人アート・アンド・パブリック協会、一般社団法人MMIX Lab 協力:八戸市立多賀小学校、学習院女子大学清水敏男研究室、国立大学法人宮城教育大学村上タカシ研究室、学習院女子大学つながるわキャンペーン 助成:RING!RING!プロジェクト 後援: アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社 お問合せ:桜3.11プロジェクト実行委員会 070-6955-5539/mmix@mac.com

多賀小学校_ページ_1 多賀小学校_ページ_2

桜3.11学校プロジェクトによる特別セミナー開催!

2014年10月26日

<トークセッション>

震災とアート「桜3.11学校プロジェクト」

2011年3月11日、東日本を襲った地震と津波。津波の被害にあった被災地の学校でアートワークショップや鎮魂と希望の桜の植樹や、桜花火などを被災4県で継続実施している。アートでできる復興支援や震災を風化させないアクションなど考えるトークセッションを開催します。

http://the-mirror-ginza.com/category/event/#inam_03

 

日  時: 11月 1日(土)15:30 開演(15:00 開場)
会  場: THE MIRROR 2階レクチャールーム
出  演: 桜3.11学校プロジェクト
価  格: 1,500円(1日入場券 A+B:2000円分相当を含む)
販売枚数: 限定50枚

第7回桜3.11 学校プロジェクト 開催日決定:2014年3月11日 

2013年11月3日

次回は2014年3月11日、第7回桜3.11 学校プロジェクトを福島県いわき市立久之浜第一小学校にて開催いたします。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。

概要
実施希望日:2014311日(火)
開始時刻:午前1030分~120090分)
実施場所:福島県いわき市立久之浜第一小学校

午前の部:1030AM
・全校生徒164参加 アートワークショップ60分)
・桜の植樹式30分)
311個の希望の桜バルーンリリース
・日没後:鎮魂の花火の打ち上げ(15分)

桜: 樹齢千年をめざすエドヒガンザクラ
主催:桜3.11プロジェクト実行委員会、一般社団法人アート・アンド・パブリック協会、一般社団法人MMIX Lab
協力:学習院女子大学東日本大震災つながるわキャンペーン、学習院女子大学清水敏男研究室、国立大学法人宮城教育大学村上タカシ研究室

鵜磯小だより(鵜磯小学校校報H25.9.20) 桜3.11学校プロジェクト「最高の思い出になりました!」

2013年10月27日

鵜磯小から「鵜磯小だより」が届きました!

 

「2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分で止まった時間を動かしたい。」9月5日、震災から閉鎖中であった鵜磯小学校の校舎に掛けられている時計は、遠く太平洋の海をのぞみながら自らの針を止めていました。私たちの活動はその時計の下から始まりました。そして、9月6日に実施した桜3.11学校プロジェクトの 鵜磯小学校から素敵な新聞が届きました。

鵜磯小だより(鵜磯小学校校報H25.9.20)
■桜3.11学校プロジェクト「最高の思い出になりました!」
9月6日(金)「桜3.11学校プロジェクト」によるアートワークショップ、桜の植樹、桜花火の一連の活動がたくさんの方々のご支援、ご協力のもと無事終了いたしました。 このプロジェクトは、桜3.11プロジェクト実行委員会が主催し、青森を含む被災4県の小中学校などで大津波の記憶を敬称するために桜の植樹をメインに進められており、本校も閉校記念事業の一環として実施しました。

「鵜磯小の校舎が明るく笑顔になりました。」
作家・百瀬寿氏によるアートインスタレーション

■アートワークショップ
午前中に、岩手在住の作家・百瀬寿先生を講師に、「鵜磯小14人-わたしの好きな色」と題してワークショップをおこないました。百瀬先生が、上の写真のように、子どもの作品をモザイク画のように並べ、一つの大作に仕上げてくださいました。 なお、前日の9月5日には、プロジェクトメンバーの方々で、被災して閉鎖中の本校舎のコンパネ部分を素敵なアート色に彩色してくれました。朽ちていく感が否めなかった学校校舎が、明るく笑顔になったように感じられました。

 

■バルーンワークショップ&植樹セレモニー 午後、閉鎖中の本校に出向き、子どもたちや保護者・地域の方々で桜(エドヒガンザクラ)の記念植樹をおこないました。「元気桜」と命名しました。そのセレモニーの中で、それぞれの思いを書き込んだ桜色の風船を約250個を空に放ちました。高く見えなるなるまで、いつまでも見送っていました。

 

 

■演舞「鵜磯ソーラン」
夕方、家族の方々と共に再度校舎に集合し、伝統といて受け継いできた「鵜磯ソーラン」を披露しました。子どもたちは、元気いっぱいで踊る自分たちの姿を通して、いつも暖かく見守ってくださる地域の方々やこれまで支援してくださった方々への感謝と集まってくださった人全員が笑顔になれるようにという願いを込めて全力で踊りきりました。アンコールには、卒業生の中・高校生、そして、千鶏小学校の子どもたちも加わり、感動の舞となりました。

■鎮魂と希望の桜花火の打ち上げ
最後には、たくさんの地域の方々と校庭で桜花火を楽しみました。校舎の真上に打ち上げられた花火が頭上に降ってくるようで見事でした。
■保護者の方々からのコメント
「植樹・ライトアップの中でのソーラン・花火、どれをとっても親子共々、感動の一日でした。子供達も堂々としていて、とても良かったと思います。」
「鵜磯ソーランは、今までで一番感動しました。みんなで植樹した“元気桜”が力強く育っていってほしいと思いました。桜花火も迫力があって最高に綺麗でした。」