桜日記

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagEnglish flagFrench flagSpanish flag

学習院女子大学

第16回桜3.11_学校プロジェクト

2017年3月1日

2017年3月10日(金)
松川浦環境公園(〒976-0022福島県相馬市尾浜字札の沢192)
9:30〜バルーンワークショップを実施
10:00~11:00 植樹セレモニー(一般公開)
12:15~13:15 開発好明・門脇篤・ヤギのす によるアートワークショップ
18:30頃 鎮魂と希望の桜花火打ち上げ(一般公開)
18:00〜 手持ち花火で遊ぼう(お子さん対象)
天候により中止になる場合があります。

学校法人原釜学園 原釜幼稚園(〒976-0021福島県相馬市原釜字金草7−8)<原釜幼稚園>
昭和29年初代園長 高橋甚四郎が、戦後の混乱期を経て復興をとげつつある地域に、これからの時代は「幼児教育こそ人づくりの原点である」という認識のもとに地域の幼児達のために相馬市原釜字大津地区にあった自宅を開放して開園。昭和56年園舎新築落成に伴い、現在地(原釜字金草)に移転。創立63年を経て、卒園者は2378名を数える。祖父母からの3世代に渡って卒園生である地域の家庭も増え続けている。全園児70名の小さな幼稚園だが、園児一人一人が主役になれる、家族的雰囲気の園である。

<原釜幼稚園の3.11における被災状況について>
当時の在

園児に被害はなかったが、その兄弟姉妹や祖父母、また卒園生も含めると多くの犠牲者が出た。震災時64名在籍していた園児のうち、約半数の27名の家庭が家屋を流失、地域柄、漁業関係の仕事に関わる保護者も多く、かろうじて園舎の津波被害は逃れたものの、経営のめども立たない状況ではあったが、「子どもたちの居場所を確保してあげよう」と公立小学校よりも早く、震災から1ヶ月後の4月11日から再開。半数以上が避難所(仮設住宅)や親戚の家などからの通園で、お弁当を持参させることもできない状況であったが、園児の母親らに交代で来てもらい、支援物資を使って給食を作ってのりこえた。原発事故による避難や住宅の再建に伴う移動で、創立以来最少数である43名まで一時園児は減少したが、少しずつ園児は増えている。

<松川浦環境公園>
豊かな松川浦の自然がたくさん残る場所に、自然に親しみ大切にする心を養うために平成22年4月に設置された公園です。樹齢45年のヒマラヤ杉と美しい植栽が見事な公園でしたが、開園1年後に東日本大震災の津波により甚大な被害を受けました。園のシンボルだったヒマラヤ杉も塩害により枯れてしまいましたが、今はチェーンソーアートの作品として新たな公園のシンボルとして復活しました。平成24年7月にリカバリーオープンし、現在はNPO松川浦ふれあいサポートが管理運営し環境教室や干潟観察会等のイベントも行われています。
*この事業は、JKAの助成を受けて実施しています。

原釜幼稚園02_ページ_1 原釜幼稚園02_ページ_2

桜3.11_学校プロジェクト15回目を、9月30日青森県八戸市立多賀小学校で行います。

2016年8月16日

日時:2016年9月30日(金)
青森県八戸市立多賀小学校 住所:〒031-2241青森県八戸市大字市川町字古館30-1

9:30~11:30 (体育館) パルコキノシタと全校児童によるアートワークショップ 「おもしろキャラであそぼう!」 ・同時にバルーンワークショップを実施
11:40~12:10(校庭) 植樹セレモニー(一般公開)
18:30頃   (校庭) 鎮魂と希望の桜花火打ち上げ(一般公開)

主催:桜3.11プロジェクト実行委員会、一般社団法人アート・アンド・パブリック協会、一般社団法人MMIX Lab 協力:八戸市立多賀小学校、学習院女子大学清水敏男研究室、国立大学法人宮城教育大学村上タカシ研究室、学習院女子大学つながるわキャンペーン 助成:RING!RING!プロジェクト 後援: アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社 お問合せ:桜3.11プロジェクト実行委員会 070-6955-5539/mmix@mac.com

多賀小学校_ページ_1 多賀小学校_ページ_2

桜3.11学校プロジェクトによる特別セミナー開催!

2014年10月26日

<トークセッション>

震災とアート「桜3.11学校プロジェクト」

2011年3月11日、東日本を襲った地震と津波。津波の被害にあった被災地の学校でアートワークショップや鎮魂と希望の桜の植樹や、桜花火などを被災4県で継続実施している。アートでできる復興支援や震災を風化させないアクションなど考えるトークセッションを開催します。

http://the-mirror-ginza.com/category/event/#inam_03

 

日  時: 11月 1日(土)15:30 開演(15:00 開場)
会  場: THE MIRROR 2階レクチャールーム
出  演: 桜3.11学校プロジェクト
価  格: 1,500円(1日入場券 A+B:2000円分相当を含む)
販売枚数: 限定50枚

桜3.11学校プロジェクト in 久之浜第一小学校

2014年4月6日

2013年度の桜3.11プロジェクトは、6月八戸金浜小学校、9月宮古鵜磯小学校そして3月11日いわき久之浜第一小学校と3校で実施いたしました。

震災から3年目の3月11日には、福島県いわき市立久之浜第一小学校での実施となりました。 福島在住作家吉田重信さんとこどもたち164人で「光の鳥」のワークショップを行い、続いて青空の下での植樹式となりました。

ワークショップは、光のよく差し込む教室の窓ガラスに好きな形を貼っていきました。 吉田さんの光の鳥のそばで沢山の魚などの海の生き物が一緒に青空を飛んでいくのは、海に近い土地柄のせいでしょうか。 いつもの何気ない教室が、沢山の色と光で溢れていました。

写真 1

 

続いての植樹式では、8mはあろうかという大きなエドヒガンザクラを囲んで行われました。 震災以来歌い続けているというオリジナル曲「たしかなる風~ふるさと久之浜~」を子どもたちが歌ってくれました。

写真 2

夜は、久之浜の海岸で手持ち花火と桜花火を楽しみました。 子どもたちのカウントダウンで始まった打ち上げ花火は、大きく高くあがりました。 震災以来「子どもたちが海岸で楽しむのは初めて」とのお母さんの言葉が印象的でした。

写真3

写真4

関連企画として「学校美術館構想@いわき久之浜第一小学校」をおこないました。 13月3日まで実施し、子どもたちも大いに楽しんでくれたと思います。

植樹式後に松本校長先生にボランティアしてくださった講話が忘れられません。 先生は、震災後の地域と学校がたどった道のりについて話して下さいました。 誰もが経験したことのない原発の爆発、避難、除染その他沢山の困難を、こどもたちを守りたいの一心で乗り越えてこられた先生方の戦いは壮絶ではあっても悲壮感はありませんでした。 それはいつもこども達の笑顔があったからでしょう。 「耐え忍ぶことをやめ、前に進むことにした」との先生の言葉。 命の危機を乗り越えたこども達は、放射能から身を守らなければならない日々を過ごし、いまでも仮設住宅からから片道1時間以上かけて学校に通っている現実。 七夕飾りには「長生きしたい」と書く子どもたち。 まだまだ沢山の支援や寄り添いが必要だと、改めて考えさせられました。

今回も沢山の方々にお世話になりました。 松本校長先生と久之浜第一小学校の教職員の皆さま、吉田重信さま、開発好明さま、門脇篤さま、マツザキガーデンさま、糸井火工さま、ボランティアの方々他。 助成いただきましたJKAさま、日工組社会安全財団さま。支援いただきました緑会さま、他沢山の方々。 この場をおかりして御礼申し上げます。

以下、読売新聞3/12(36面)

sakura311_yomiuri0312

第7回桜3.11 学校プロジェクト 開催日決定:2014年3月11日 

2013年11月3日

次回は2014年3月11日、第7回桜3.11 学校プロジェクトを福島県いわき市立久之浜第一小学校にて開催いたします。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。

概要
実施希望日:2014311日(火)
開始時刻:午前1030分~120090分)
実施場所:福島県いわき市立久之浜第一小学校

午前の部:1030AM
・全校生徒164参加 アートワークショップ60分)
・桜の植樹式30分)
311個の希望の桜バルーンリリース
・日没後:鎮魂の花火の打ち上げ(15分)

桜: 樹齢千年をめざすエドヒガンザクラ
主催:桜3.11プロジェクト実行委員会、一般社団法人アート・アンド・パブリック協会、一般社団法人MMIX Lab
協力:学習院女子大学東日本大震災つながるわキャンペーン、学習院女子大学清水敏男研究室、国立大学法人宮城教育大学村上タカシ研究室