桜日記

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagEnglish flagFrench flagSpanish flag

いわき市

桜3.11学校プロジェクト in 久之浜第一小学校

2014年4月6日

2013年度の桜3.11プロジェクトは、6月八戸金浜小学校、9月宮古鵜磯小学校そして3月11日いわき久之浜第一小学校と3校で実施いたしました。

震災から3年目の3月11日には、福島県いわき市立久之浜第一小学校での実施となりました。 福島在住作家吉田重信さんとこどもたち164人で「光の鳥」のワークショップを行い、続いて青空の下での植樹式となりました。

ワークショップは、光のよく差し込む教室の窓ガラスに好きな形を貼っていきました。 吉田さんの光の鳥のそばで沢山の魚などの海の生き物が一緒に青空を飛んでいくのは、海に近い土地柄のせいでしょうか。 いつもの何気ない教室が、沢山の色と光で溢れていました。

写真 1

 

続いての植樹式では、8mはあろうかという大きなエドヒガンザクラを囲んで行われました。 震災以来歌い続けているというオリジナル曲「たしかなる風~ふるさと久之浜~」を子どもたちが歌ってくれました。

写真 2

夜は、久之浜の海岸で手持ち花火と桜花火を楽しみました。 子どもたちのカウントダウンで始まった打ち上げ花火は、大きく高くあがりました。 震災以来「子どもたちが海岸で楽しむのは初めて」とのお母さんの言葉が印象的でした。

写真3

写真4

関連企画として「学校美術館構想@いわき久之浜第一小学校」をおこないました。 13月3日まで実施し、子どもたちも大いに楽しんでくれたと思います。

植樹式後に松本校長先生にボランティアしてくださった講話が忘れられません。 先生は、震災後の地域と学校がたどった道のりについて話して下さいました。 誰もが経験したことのない原発の爆発、避難、除染その他沢山の困難を、こどもたちを守りたいの一心で乗り越えてこられた先生方の戦いは壮絶ではあっても悲壮感はありませんでした。 それはいつもこども達の笑顔があったからでしょう。 「耐え忍ぶことをやめ、前に進むことにした」との先生の言葉。 命の危機を乗り越えたこども達は、放射能から身を守らなければならない日々を過ごし、いまでも仮設住宅からから片道1時間以上かけて学校に通っている現実。 七夕飾りには「長生きしたい」と書く子どもたち。 まだまだ沢山の支援や寄り添いが必要だと、改めて考えさせられました。

今回も沢山の方々にお世話になりました。 松本校長先生と久之浜第一小学校の教職員の皆さま、吉田重信さま、開発好明さま、門脇篤さま、マツザキガーデンさま、糸井火工さま、ボランティアの方々他。 助成いただきましたJKAさま、日工組社会安全財団さま。支援いただきました緑会さま、他沢山の方々。 この場をおかりして御礼申し上げます。

以下、読売新聞3/12(36面)

sakura311_yomiuri0312

リーフレットができました!

2014年2月17日

第7回桜3.11 学校プロジェクトを2014年3月11日(火)に開催いたします。

会場:
午前の部:福島県いわき市立久之浜第一小学校
午後の部:福島県いわき市立久之浜東町の海岸
*午前と午後で会場が異なります。

開始時刻:
午前の部:10:30~11:30「光の鳥」アートワークショップ
(会場:1~3年生の学年学習室/校舎2階)
11:30~12:00 桜の植樹式
(会場:校庭/正面玄関前)

午後の部:鎮魂の花火打ち上げ:18:00~(15分間)

関連企画「学校美術館構想@久之浜第一小学校」
会場:久之浜第一小学校空き教室
期間:3月11日~1週間程度

開発公明「デイリーサーカス」
門脇 篤「アート☆クラブ」
桜3.11プロジェクト実行委員会企画「きらきら・いわき」

*この事業は競輪の補助を受けて実施します

第7回桜3.11 学校プロジェクト 開催日決定:2014年3月11日 

2013年11月3日

次回は2014年3月11日、第7回桜3.11 学校プロジェクトを福島県いわき市立久之浜第一小学校にて開催いたします。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。

概要
実施希望日:2014311日(火)
開始時刻:午前1030分~120090分)
実施場所:福島県いわき市立久之浜第一小学校

午前の部:1030AM
・全校生徒164参加 アートワークショップ60分)
・桜の植樹式30分)
311個の希望の桜バルーンリリース
・日没後:鎮魂の花火の打ち上げ(15分)

桜: 樹齢千年をめざすエドヒガンザクラ
主催:桜3.11プロジェクト実行委員会、一般社団法人アート・アンド・パブリック協会、一般社団法人MMIX Lab
協力:学習院女子大学東日本大震災つながるわキャンペーン、学習院女子大学清水敏男研究室、国立大学法人宮城教育大学村上タカシ研究室

今年もあと半月です。桜3.11学校プロジェクトを振りかえる

2012年12月17日

今年3月に宮城県七ヶ浜の汐見小学校からスタートした桜3.11学校プロジェクトは、宮城県から岩手県田老第三小学校、福島県いわき市永崎保育所へと広がっていきました。
福島県いわき市永崎保育所での開催した桜の植樹、桜バルーンのリリース、アートワークショップなど、思い出がいっぱいの一年でした。

10/31「桜3.11_学校プロジェクト」レポート

2012年11月5日

 私は学習院女子大学の学生です。10月31日、福島県いわき市にある永崎保育所にて行われた第3回桜 3.11_学校プロジェクトにボランティアスタッフとして参加しました。宮城件七ヶ浜街汐見小学校、岩手県宮古市田老第三小学校に続き、福島県ではじめての開催となりました。本学からは有志によって集まった12名の学生が参加しました。

 午前の部では、被災地で活動するアート集団の一時画伯によるアートワークショップが行われました。アーティストは京都府在住の彦坂敏昭氏です。はじめに、29名の子供たちに「植物」を描いてもらい、次に絵の具で色を塗ってもらい、ひとつの作品を作ります。変化がおきると、新しい何かが生まれるということを子供たちに理解してもらいました。これから植樹する桜も同様に、成長して変化します。桜に想いを馳せて子供たちは自由な想像力を発揮し、たくさんの絵を描いていました。

一時画伯ワークショップ

京都府在住のアーティスト彦坂敏昭氏によるワークショップ

続いて、桜の植樹式が行われました。子供たちは庭に出て、一生懸命スコップで土をかぶせていました。本プロジェクトは、2011年3月11日に東日本を襲った大地震、津波の記憶を、桜の植樹によって永続的なものにすることを目的としています。そのため、今回も樹齢1000年を目指すオオシマサクラが保育所の庭に植えられました。

そして、桜の花をイメージしたピンク色と白色の風船が空高く飛ばされました。このとき子供たちが、「桜いっぱい咲いてねー!」と言いながら願いをこめて風船を飛ばしている姿はとても印象的でした。

桜3.11×「光の鳥」プロジェクト

桜3.11×「光の鳥」プロジェクトの桜色バルーンリリース

午前の部の後に、いわき市の海岸沿いにある瓦礫の山を見に行きました。ここにいわき市の瓦礫が全て集まっているそうです。1年と半年以上経った今でも、何も変わらない状況がここにありました。私たち学生はこれを見て、やらなければいけないことは山ほどあるのだと強く感じました。

2012年10月31日いわき市薄磯地区

2012年10月31日いわき市薄磯地区

午後の部では、鎮魂の思いと未来への希望をこめて桜色の花火が打ち上げられました。久しぶりに見る花火に、子供たちだけでなく先生方や地域に住んでいる人々も喜んでいました。

今回、本プロジェクトに参加してたくさんの笑顔をもらいました。参加した学生が、少しでも被災地の人々が笑顔になれるきっかけを作ることができたら良いと思います。これからも継続的にボランティアに参加する必要性を感じました。

category: いわき市 , いわき市永崎地区 , 福島県 comment: (0)